沢渡日記

日々徒然

20200918

また自分が誰かを好きになるとはとても思えない。今回はかなり寛容にしてきたつもりだったけれど、やっぱりできなかった。マジメと言われるのは大キライだ。でも、甘えることと礼儀は全く別物なのでは?と思う。毎回そこで自分は沸点を迎えている気がする…。…

20200902

別れたんだな、と思う。いつも別れは急にやってくる。多分今でも好きだと思うが、それと同じくらい離れたかった。矛盾している。一生そばにいたかった。でもそれはキツすぎるとも思っていた。もう一ミリも無理はしたくない。

20200829

好きな人には、自然かつ最大限に相手が居心地いいようにもてなして、好きになってもらうよう接する。次第に距離が近づくと、さらにきめ細かく楽しい時間を提供するよう努める。そのために自分を微調整して、様子見して、微調整して。そうするともっと好かれ…

20200827

夜道をぼんやりと歩きながら考えた。彼と連絡を取り合わなくなってから、なぜか急に楽になった。誰かを気にかけずに過ごすのは久しぶりだった。あの人とフェアにならないのなら離れたいと思う。なんか違うなと思う。私のことを好きなのはわかるんだけど。距…

20200822

好きな人とはあれから自然と仲良くなって、好きであることすら忘れていたくらいだ。なんとなく連絡を取り合って、お酒を飲んで、程よい距離感で。それでいいと思っていた。今日、たまたま色んなことが重なって、彼に怒ってしまった。正当な理由だった。多分…

20200730

好きな人が私に初めて弱音を吐いた。なんて素敵なことでしょう。ハグしたい気持ちを言葉にせずに伝えた。

20200717

望んだゲシュタルト崩壊が訪れた。こんな形で来るのか、と人ごとのように思う。私にとって今の仕事は仕事ではなかったのかもしれない。ずっと行きたかった場所でしばらく遊んでいた。それにしてはきつかったけど。次はちゃんと稼ぐ仕事がしたい。素晴らしい…

20200716

好きで、うまく出来ない仕事はジゴクだ。自分の中で不幸ばかりを生む。永遠の片思いみたいに。それがよくわかった。そんなに関心がなくて、きらいではなくて、なんとなくできる仕事の方がいい。心の平和が欲しい。

20200713

嵐のような一日で、とても疲れた。後になって思い返したいと思うけれど、今日あったことは流れとして何を示唆しているのだろう?無意識に自分が引き起こしているとしたら、もう潮時ということか。その一方で、信じられないくらい周りには恵まれている。この…

20200710

仕事明け、ビルを出ると空は曇っていた。夕暮れの海を見に行こうと思っていたけれど、電車に乗るのをやめた。友達に会いに行き、暮れゆく空を眺めながらコーヒを飲んだ。好きな人の話をした。ずっと長いこと、あの人よりも好きな人ができない、と私は言った…

20200709

仕事明け、職場の友達とコンビニのソフトクリームを食べた。オープンスペースの広いベンチに座って、梅雨の合間の美しい夕暮れを見上げた。ブルーの空にピンクの筋がいくつも浮かんでいいる。この会社にずっといると思う?そう聞かれて、いないと思う、と私…

20200708

仕事明け、川縁のベンチに座って卵サンドを食べた。空は曇り、微かに小雨がパラついていた。これくらいなら気にならない。仕事で相思相愛になりたいとまた思った。今の仕事でそうなるか、別の仕事でそうなるか。どちらでもいい。片想いがもうイヤになったの…

20200707

思ってもみない形で好きな人と成就を迎えたので、今夜の織姫業が暇になってしまった。あんなに嬉しそうな顔を見たことがあったかなと思い起こす。彼に対する気持ちは既存の愛以上の何かだ。

20200706

夜、さぬきうどんとニラ豚の醤油炒めを食べた後、ノートパソコンを広げた。一人で黙って仕事のソフトを触ってる分には好きかもしれない。オタクっぽくフフ、と笑いながら検証する。お客さんと喋りながらだと格段に効率が落ちる。私は今の仕事の何が一番合わ…

20200705

午後、ガーリーなコーデで出かけた。日曜日はそんな気分になる。ネイルのメンテナンスの帰りに知り合いの古着屋へ寄ったら、ばったり夜の友達に会った。店主も友達もかっこいい人なので、テンションが上がった。女の子と喋っててもかなり楽しい方だけど、素…

20200704

あなたのことが、気が触れそうなくらい好きです。低くて奥ゆかしい声も、知性を感じる話ぶりも、デヴィッド・リンチときれいに発音するところも。女形を感じさせる優雅な身のこなしも、身に付けるものの独特なセンスも、誰にも似ていないところも、誰にも届…

20200703

仕事明け、友達と森のほとりにあるカフェに行った。テラスでビールを飲んだ。移住してきて一年の友達が、やっと落ち着いたと言った。よかったね。新しい職場で知り合ってもう一年が経つ。すうっと、自然に仲良くなった。私とは全然タイプが違う。帰りがけ、…

20200621

深夜を過ぎて二人になって、知り合いが突如口説いてきたとき、何で?と思った。過去に私が好意を持っていたから?でもそれって随分前の話だ。やんわりと断ってタクシーに乗ったけれど、はっきり好きな人がいるからと言えばよかった。私とお酒を飲んでいて相…

20200620

深夜、お酒を飲みながらハグの話をしていた。コロナになってからハグって縁遠くなっちゃったなぁと思いながら。色々なシチュエーションについて話していた時、大量に汗をかいてベタベタな状態な人でも、それがあなたならハグできます、と好きな人にいわれた…

20200619

夜、年に一度の煙草を吸った。好きな人から一本だけもらって、ライターを借りてカチリと火をつけた。この煙草、オーガニックなんです。パッケージを受け取って絵柄を眺める。一ミリなんですけど、葉がみっちりつまってて強く感じるかも。軽く肺に入れて吸っ…

20200612

私は私を侵害しないように生きてるし、誰のことも侵害したくない。とにかく平和がいい。グレープフルーツをしぼり終わって私は言う。焼酎の入ったグラスに慎重に注ぎ込む。私たちは磁石なんだよ、と彼女は言った。ハイボールをぐいぐい飲んでグラスを置き、…

20200611

午前中は仕事関係の本を読み、午後二時から七時半まで勉強。まあまあですね。最後、集中できなくなって公園で資料を読んでいた。雨上がりなのでベンチには座れなかった。時折夕凪の空を見上げて、陽が落ちるまで過ごした。緑の匂いが濃い。帰りしな、スーパ…

20200610

シャワーの後、ざっとドライヤーをかけて生乾きの髪を巻き上げて簪で留め、キッチンに立つ。玉ねぎを刻んで炒め、豆乳にめんつゆを足して和風クリームソースを作る。さっき、仕事で疲れたーと呟いたら、タイムリーにお疲れ様、と彼が連絡をくれた。どうして…

20200609

夕方、好きな人がちょっとした連絡をくれたのでやりとりをした。夜、逃げ恥の四話目を観た。平匡さんが切ない。あなたの自由意志です、だなんて。本当のことはなかなか口に出せない。気持ちがわかりすぎる。この前会ったばかりなのに、もう彼に会いたくなっ…

20200607

午前中、買い出しでスーパーに行くと、いつもよりすいていた。緊急事態宣言が解除されて、皆どこかに遊びに行っているのかもしれない。丁寧に喫茶店のモーニング風の朝食を作り、音楽を聴きながらゆっくり食事した。夕方、緑の中を散歩した。初夏に咲く、紫…

20200606

お昼まで寝て、午後二時からネイルのメンテナンス。苺みたいな色にしたいと話し、ネイリストさんと二人で色を調合していたら、結局いつものコーラルピンクになっていた。好きな色って決まってますからね、ネイリストさんが笑って言った。ベビーピンク、コー…

20200605

久しぶりの週五勤務を終えて抜け殻になる。公園のベンチに座って、ボーッと夕空を眺める。いつの間にか季節が初夏になっている、と気づく。風の匂いや植物の気配が一段濃くなった。午後六時半。このまま飲みに行くこととする。頭も体も疲れすぎていて限界だ…

20200526

仕事明け、友達とコーヒーカウンターでお茶を飲む。一ヶ月ぶり?もっとかもしれない。積もる話は尽きず。もうがんばりたくないし疲れた…と思ってたけど、何とか持ち直す。帰宅して、キッチンでセロリと揚げを軽く炒めて、冷たい讃岐うどんにキムチと一緒に和…

20200525

全く仕事の勉強に身が入らない。だんだんドツボにハマっていった。私はあの人に会って混乱している。自分の気持ちのベクトルがどこに向かっているのかがわからない。魅力を感じるけれど、深入りはしたくない。今の距離で仲良いままでいたいけど、それにして…

20200524

久しぶりに出掛けてお酒を飲んだ。友達と会ったり新たに知り合ったりして、楽しすぎてテンションが上がりすぎた。ひと通りはしゃいだ後に、好きな人と二人でゆっくり話した。…さんは仕事で大変すぎるから、と心配してくれた。自分としては、人生にとって必要…