20180211

昨日の夜、何もしたくなくて家でダラダラしていた。録画してあったドラマ、アンナチュラル五話を観た。恋人の溺死に不信感を抱いた男が死体をこっそり盗み出してUDに検死を申し込む。紆余曲折あって中堂と三澄の調査で他殺だと判明し、男は犯人に復讐する。恋人の葬式会場で血みどろの惨劇。曇天の空からひらひらと舞う雪。中堂は結果、男をそそのかした。男がどうしても犯人を自分で捌きたいのがわかったから。三澄は怒った。男のこれからの人生をめちゃくちゃにするなと。うーん、と思いながら観ていた。事柄に囚われて時が止まってしまう人には救いがないんだよ…中堂は静かな目でそう言っている気がした。三澄の主張は最もなんだけど、やっぱり中堂に肩入れしたくなる。好きなタイプだからじゃないよ。どうしても自分の中でクールになれないことってあるでしょ、という意味で。俺の人生なんだから俺の好きにさせろっていうのも、自分で責任を取るなら自分で決めればいいと思うし。でもルールを守らないと右京さんに怒られるわ。中堂なんて完全に説教だよ。何の事件でも右京さんなら…と考えてしまって本当にアレだなと思う。私の師だからな。それから相棒の録画を観た。資産家の主人が何者かに殺害された。家族の中の誰かが犯人という疑いの元、ホームレスのまさおと特命係での共同調査が始まった。内容は重いけれどまさおがコミカルで可笑しくて、ドラマというより舞台っぽいなと思った。犯人は大学生の孫だった。だって爺ちゃん留学費用の千五百万くれなかったんだもん…というのが殺害の理由。オレ三流大だし留学してハクつけないと社会でバカにされんじゃん、それなのにさぁ…と呟いた犯人に右京さんが超キレてた。オメーその甘ったれた考え方でこの先も生きていけると思うなよ!頭丸めて出直せや!という内容を洗練された一言で…。なんかぶっ壊れてる人多いよね。ドラマだから誇張されてるだろうけど。その後、オリンピックのジャンプ、葛西が飛ぶのを固唾を飲んで見守った。オリンピック八回出場ってスゴイよな。本当にレジェンドだよ。しかもあんな危険な競技…。もうイベント始まってるんだろうなーと天井を見上げながら思った。クラブで大きなイベントがあって、先週から行こうか迷っていたのだ。皆行ってるかなー。でも終電も無くなっちゃったし。午後から食事をしていなかったことに気づいて、刻んだアボガドと納豆をめんつゆで和えて白いご飯にかけた。白ごまパラリ。これ週末になると必ず食べるなぁ。