20180224

昨日の夜、喫茶店で漫画を読んでいた。寿司ネタがキャラクターになっているほっこり系の四コマ漫画だ。時折吹き出しそうになり、声を出さないように笑った。鍼灸院の後、ヨガに行く予定をやめてここに来た。あまり来ない曜日のせいか、いつもと違ったざわめきに落ち着かないような気持ちになった。仕方ない、自分の家ではないのだ。今週は疲れたなぁ…。熱いお茶を飲みながら窓の外をぼんやり眺めた。仕事に照準を合わせて食事を整え睡眠時間を確保し、いつもの二倍集中して実務を進めた。さすがの厳しい上司も私の様子に気づいて静かに見守る目をした。今回は気働きがすごいですね…治療したらほら、少し肌がしっとりした。鍼の先生が手首を軽くさすっていった。ふと、前に同じことをいわれた時のことを思い出した。あの人と別れていなかったら、次の恋人もその次の恋人も出会っていなかった。今の恋人とも。全部繋がっているのだ。CHAIN。グレーの砂時計をひっくり返して、落ちて行く砂をぼんやり見つめた。全くやりたいことが思いつかなかった。そういう時は、仲のいい人達が喜ぶことをするようにしていた。今夜は最近仲良くなったDJのイベントがある。先週、彼とばったり会って少し話した。…ちゃんが来てくれたらミニマムな音かけるよ、と彼はニッコリした。私はよく踊るからブースに立つ側は楽しいのかもしれない。ちょっと顔見せに行こうかな。…さん見てー。店主が私を呼んで、猫のオブジェを見せてくれた。針金を曲げて象られた、かすかに艶かしいフォルム。すごくいい。ねぇこの前、猫の日だったでしょ。…君ちの猫、インスタに上がってるの見た?まだ見てないー!二人で猫の話をするとキリがない。ひとしきりおしゃべりしたら閉店の時間になった。お会計をして手を振った。また来てー。外に出て、MA1のポケットに手を突っ込んで歩き始めた。寒いなー。クラブが開くまでまだ少し時間があるから、どこかでさらっと麺でも食べようかな。夜は長いし。どのみちフロアで踊り出したら、ちょっと顔見せるくらいじゃ済まなくなるのだ。