20180302

昨日、日中にぎっちり仕事を詰めて定時に上がった。久しぶりだなぁ、と思いながらデパ地下へ寄った。お菓子屋さんでプリンを買うと、店員さんが綺麗な柄の紙袋に入れてくれた。嬉しいな。一駅分歩いてネイルのメンテナンスへ。二月は時間が取れず、グラグラした爪のままじっと耐えた。色はどうします?と聞かれて、三月だから…桜ピンクでお願いします、と答えた。ネイリストさんは私のセラピストさんでもあるので、ダラダラと思うままに話をした。犬か猫どっちか飼いたいなーというと、最近毎回その話しますよね、飼っちゃう?と犬好きの彼女はニコニコした。もう自分にあんまり興味ないし、やりたいことも特にないし、自分のこと好きな生き物をひたすら愛でて暮らしたい…。それなら猫より犬のほうがいいですよー、あっでも彼氏いるからいいじゃないですか。彼女がいった。うーん、と少し考えた。恋人には飼い猫のように愛玩されたくて、私は自分の猫を愛玩したい。冗談っぽくそう答えると彼女は笑った。それに人間同士は距離感が大事だからなぁ、口に出さずに思った。自分はわりと間遠なほうだ。それを公示しているつもりはないけど、最近は知り合ったばかりの人も距離を詰めてこなくなったな。なんとなく察してくれるのかもしれない。ありがたいことだ。皆を好きでいたいし仲良くしていたいから、どうかそれができる距離にいてください…という気持ち。我ながらすごいワガママだなぁと思うけれど。サロンを出て駅に向かって歩きながら、おなかがすいていることに気づいた。昨日の夜、烏龍茶のカフェインが効きすぎて眠りが浅かったしなぁ。睡眠時間を取るか食欲を取るか…。駅の階段を降りかけたけれど踵を返して、美味しい欧風カレーを食べにいった。最近ずっと仕事で集中しているせいか脳が疲れすぎていて、味の濃いものしか体が受け付けない。窓際の席に移らせてもらって、カレーが来るまで夜を見下ろしながらぼんやりした。ようやく木曜日が終わった。あと一日がんばらなくちゃー。明日もめっちゃ仕事あるよ。