20180607

昨日の夜、喫茶店に行った。白いコーヒーカップの縁には金継ぎがされていた。いいね、と店主に声をかけた。あ、そうだこれね。女友達からの京都土産を受け取った。お菓子は上品で、どことなく雅な味がした。途中で男友達が来て、二人でおっさんずラブ最終回の話をした。牧くんよかったね…何度も私がいうと、あのドラマはハッピーエンドだ、と彼はいった。男同士も男女も歳の差も色んな組み合わせの恋があったけれど、皆その人自身のことが好きだった。そこがよかった。今日、以前の恋人の誕生日だった。朝ふと思い出して、お祝いのメッセージを送った。覚えててくれたの、と返事が来た。あんなに好きだった人とも別れて別の人を好きになったんだよな、と思い出した。これから黒澤部長は武川さんと恋をするし、蝶子さんはマロと。私は?全く見当がつかない。店の中の空気が青く満ちて窓の向こうを見た。六月は夕暮れが長い。