20180609

昨日の午後、スタバで待ち合わせて女友達に会った。おっさんずラブよかったよねーという話の中で、わんだほう店主の人好きなの、と彼女はいった。わかるよ。私は答えた。話してみると二人とも児嶋派だった。彼の魅力はアンバランスなところだ。不器用でちょっと破綻しているけど、人間味があって可愛い。渡部に対しては二人とも無だった。ああいう器用でソツのない人をいいと思えたらよかったのにね。チョコチャンクスコーンは失恋につける薬だ。コーヒーを飲みながら黙々と食べた。ダイスチョコのカットが前より大きくなった気がした。彼と終わったよ、と私はいった。本当に終わったの?と彼女に聞かれて、振られたから終わりだよ、と答えた。…ちゃんは私の律くんだから!というと彼女はキョトンとした。昨日の朝ドラをまだ観ていないようだった。でもなんか嬉しい、彼女は私の手をギュッと握った。これからクリニックへ行くという彼女と別れて、カレー屋へ行った。エビフライカレーランチ。美味しかったけれど、ご飯は少し残してしまった。疲れたから帰ろうかな…。通り道にあった無印良品でストライプのシャツワンピースを買い、雑貨屋で桃柄の手ぬぐいを買った。女友達と餃子を食べに行く約束をした。最寄駅を出ると雨が降っていた。家に着いて、床にごろりと仰向けになってRainを繰り返し聴いた。君は雨に煙る空いた駅を少し走った…槇原敬之のカバーがよかった。秦基博の弾き語りは少し抒情的すぎた。雨に濡れた菖蒲の花の写真をずっと見ていた。