20180621

昨日の夜、友達と食事に行った。資産運用の話の中で、積立NISAやろうか考えてるのよね、と友達がいった。この本いいよ、私の教科書。持ち歩いている山崎元氏の教本を見せた。パラパラとめくった彼女は、これ買うわ、とパチリと写真を撮った。それからトムヤムクンナシゴレンなど、酸っぱ辛いものをたっぷり食べた。レモングラスパクチーの香り。食事の後、バーへ行った。友達が右隣の人と話し込んでいる間、私はお湯割りを飲みながらボーっとしていた。左隣の女性が向かいの男性に、若ーい!弟にしか見えなーい!といった。私は唖然とした。それって何かメリットのある発言なのか?と思った。綺麗でエロスたっぷりのおねいさんが男の子に戯れてるならわかるが…。男の人を男扱いしないのは失礼だと思う。逆も然りだけど。そして、自らのことも色々振り返り反省した。気を抜くと失言するからな…。人は他者を見て自分を知る。それから友達の恋愛相談に乗った。彼女の恋人と私はとても性質が似ているようだ。超然としていればいいよ。ブレないでほしいの。そうすれば上手くいくと思う。彼女はじっと私の話を聞いて、わかった、と頷いた。私はニコニコしながら、自分にもそういう相手がいれば上がれるのになーといった。また振り出し。勘弁してくれ。でも手相に玉の輿線あるじゃん、と彼女がいった。全く思い当たる人がいませんが。