20180520

昨日の午前中、女友達との買い物もそこそこに自宅へ戻る羽目になった。それからずっとMacの前でアンチウィルス対策作業にかかった。マルウェアに強いソフトを調べ上げてインストールして、日本語版がないので翻訳アプリを使って内容を解読した。マルウェアを隔離して再起動をかけ、とりあえずホッとした。でも作業はまだ終わっていない。並行して常駐ソフトが隔離しなかった原因を問い合わせし、Macのライブラリの中身を確認し、ログ解析データを採取して窓口に送信した。顔を上げると夕方だった。朝から何も食べていない。友達と買い物の後、どこかで適当に食事をしようと思っていたのだ。テーブルの前で立ったままバウムクーヘンをかじって豆乳を飲んだ。そろそろ出かけなくては。慌ただしく家を出て、折れた人差し指のネイルのメンテナンスに行った。私のアンドロイドにもマルウェアのアラーム出てるんですよね…とネイリストさんがいうので、右手を彼女に預けながらスマホを借りて駆除作業をした。思いがけず感謝されたのでよかった。サロンを出て少し歩き、コーヒースタンドで熱いコーヒーを買った。何も考えずに休もうと座ったけれど、結局ウイルスの駆除関係のネット記事を読みふけった。Quarantine, この単語を何度目にしただろう。今なら大抵のことは答えられますよ。今夜、会いたい人に会える機会があった。でも行くのをやめた。このあと派生した作業を色々と片付けたかったし、ふわふわと遊ぶ気分にはなれなかった。今日の自分はしかめっ面で不愛想な業者みたいだ。調べたり考えたりしすぎて変に頭が覚醒していたし、一ミクロンもニコニコしたくなかった。社交には全く向かない。ベンチから立ち上がって、スタンドのお兄さんにごちそうさま、とカップを返した。そのまま足早に駅へ向かった。