20180829

昨日の夜、ヨガのレッスンの後、顔色が戻りましたね、と先生に声をかけられた。前の私、どうでした?と尋ねると、青白かった、といわれた。先生は単なる体調以外の何かを見透かすところがある。確かに最近の私は元気になった。スタジオを出て駅までの道を歩きながら、あの人にメッセージを送った。特に用事があったわけではなかった。まだそれほど多く会話をしたことがなく、回路を繋いでみたかったのだ。彼はそばにいる時の生き物としての気配がよかった。私は皮膚感覚というか、皮膚の一ミリ外側にあるセンサーのようなものを信頼している。家につき、朝作った温野菜サラダと焼いた豚肉で夕ご飯にした。眠くて仕方なくて洗濯は明日の朝にした。目覚ましを五時五十五分に合わせる。最近、ボーッとしている時間が長すぎて、他のことが何もできない。